ひとつの作品の終わり、ひとつの時代の終わり

週刊少年ジャンプの長期連載中の人気連載漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』)が今月中旬刊行分で連載を終了することが発表されました。
今年ちょうど40周年で、ほぼ私と同じ「歳」。
子供の頃にジャンプを読んでいた頃から掲載されていた作品なので、ただ寂しいばかりです。

こち亀は他のジャンプの連載漫画とは違い、一話完結のストーリーで展開にハラハラすることもなければ早く次週の話を読みたい!ということもありません。
ただギャグが織り込まれていたり、時には人情味のある話だったりワンパターンではあっても飽きないような漫画です。
40年もの間ずっと同じスタイルで、そして一度の休載もなく描き続けていた秋本治先生は漫画家して、職業人としてただただすごいとしか言葉がありません。

私の主人や男性の友達が「雑学知識はこち亀で学んだ」言ってました。
作品の中で題材となったものや時事ニュースについて、主人公の言葉で詳しく、わかりやすく解説されている事も多く、ジャンプを読む世代児童・学生の世代が漫画を読みながら色々な雑学を覚えやすくなっています。
また、現在のスマホや恋愛ゲームなどが世に出る何年も前にそれが題材とされた話が描かれたりと、今となっては時代を先取りするトレンドの発信までしていたのだと驚かされます。
もうすぐ単行本が200巻になりますが、最初から読んだら連載されていた40年の時代の変遷を見る事ができるのではないでしょうか?
(といいつつ我が家には単行本は一冊もありまえせんが…今度漫画喫茶で読んでみます)

40年も時代を描いてきたこち亀が終了するのは、漫画史にもメディア史にも大きなニュースだと思います。
一つの漫画作品が終わることで、一つの時代が終わったと改めて思わされました。お金 急ぎ