ブンちゃん快活すぎるんですけど。

うちで飼ってるボストンテリアのブンくん。
ペットディーラーで見たご時世から気力潤沢。暴れん坊でした。

他でみた総計よりいやに有益だったので夫が即決。
犬を飼ったことはあっても、まともにしつけなんてしたことの無いこちらは稼ぎどうこうより不安で(笑)
気持ち過ぎない?とだけ聞きましたが、先方が一目ぼれしたから深く言えなくて丸々むかえることに。

養うからには可愛がるししつけようという気持ちはきちんとあるけど、どうしてもマジ!!
お座り。おて。ふせ。ゴロン。まではふたりでしつけたけど、まては何ら憶えないしじゃれて噛むし暴れて走り回って人の仕方踏んで出向くし(笑)
長くペットディーラーにいたせいか、お散策はビビッてあるか弱い(笑)
生物クリニックのインストラクターのダイアログも聞いたうえで、慣れるまでは抱っこしてお散策だった。
いまでは突っ張るほど元気にあるくけど、ここみないし引っ張らないようにもうちょっと厳しくしないとな。
それができれば一段と相性できるって言うから、噛むことも暴れることも少なくなることを期待して今日も頑張ろうっと!!ミュゼ 予約 同伴者

指のズキズキと熱直感は爪囲炎の望みを疑おう

おとといの早朝、起きてみると、実に親指にズキズキする痛みがありました。
「何な〜」と思っていましたが、とにかくキズが生じるわけではなく血液も出ていないので、引き続きディーラーへ行きました。
ところが、ズキズキした痛みが治まらず、だんだんと痛いコンポーネントが熱くなってきたのです。
これは何か大変なことなんじゃないかと憧れ、周りに打ち明けてみると、「そちら、爪囲炎じゃない?」との答えが返ってきました。
その周りいわく、爪の間近から桿菌が入ってしまったために、指が化膿していく病だということでした。
友人の話を聞いていて不安になってしまったので、皮膚科で診察してもらうと、やっぱり爪囲炎との診査でした。
幸運、相当初期の時だった結果、軟膏を附けるだけで癒えるとのことでした。
しかし、爪囲炎が重傷になると、指を切って膿を出さなければならなかったり、爪を剥がさなければいけないそうです。
また、爪囲炎はちょっとした傷口やマニキュアなどが原因で発生するそうなので、誰にでも出来る病だとも注釈されました。
皆さんも親指にズキズキした痛みと高温空気があったら、我慢せずに皮膚科を受診してください。キレイモ パックプラン ローン

ひとつの作品の終わり、ひとつの時代の終わり

週刊少年ジャンプの長期連載中の人気連載漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下『こち亀』)が今月中旬刊行分で連載を終了することが発表されました。
今年ちょうど40周年で、ほぼ私と同じ「歳」。
子供の頃にジャンプを読んでいた頃から掲載されていた作品なので、ただ寂しいばかりです。

こち亀は他のジャンプの連載漫画とは違い、一話完結のストーリーで展開にハラハラすることもなければ早く次週の話を読みたい!ということもありません。
ただギャグが織り込まれていたり、時には人情味のある話だったりワンパターンではあっても飽きないような漫画です。
40年もの間ずっと同じスタイルで、そして一度の休載もなく描き続けていた秋本治先生は漫画家して、職業人としてただただすごいとしか言葉がありません。

私の主人や男性の友達が「雑学知識はこち亀で学んだ」言ってました。
作品の中で題材となったものや時事ニュースについて、主人公の言葉で詳しく、わかりやすく解説されている事も多く、ジャンプを読む世代児童・学生の世代が漫画を読みながら色々な雑学を覚えやすくなっています。
また、現在のスマホや恋愛ゲームなどが世に出る何年も前にそれが題材とされた話が描かれたりと、今となっては時代を先取りするトレンドの発信までしていたのだと驚かされます。
もうすぐ単行本が200巻になりますが、最初から読んだら連載されていた40年の時代の変遷を見る事ができるのではないでしょうか?
(といいつつ我が家には単行本は一冊もありまえせんが…今度漫画喫茶で読んでみます)

40年も時代を描いてきたこち亀が終了するのは、漫画史にもメディア史にも大きなニュースだと思います。
一つの漫画作品が終わることで、一つの時代が終わったと改めて思わされました。お金 急ぎ

お天道様照射や空気による理解などについて演習

地球などについて実践しました。地球に入射講じるお日様発光のボリュームは雲のボリュームや地表の状態で異なりますが、地球全体の状況返照能は約0.30と見積もられています。こういうなかで、雲による返照が一際多いです。地球に入射始めるお日様発光の約30%は返照され、20%がエアーや雲に吸収され、半数が地表に吸収されると見積もられています。お日様発光の1つ、UVで波長が0.3μmより少ない部分のほとんどは、概して成層圏のオゾンや酸素などによって吸収されます。また、地表近くでは二酸化炭素やスチームが赤外線の一環を吸収します。地表に繋がる日射ボリュームは時季や部位で異なりますが、一般的にはお日様高度の高い夏に著しく、低緯度ほど大きいです。日差しは地球全身にあまり平行な光線として入射決める。散乱とは、明かりがその波長程度のちっちゃな粒子にあたってさまざまな路線に広がって出向く病状だ。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。酵素水